ビルの中に、昔ながらの銭湯美

県道114号線ぞい、目に大きく飛び込んでくる「♨」マークが目印。外観から現代的なビル銭湯を想像してしまいますが、中に入るとびっくり。男女わかれの入り口から番台、どーんと真ん中に湯船がすえられた浴場まで、昔ながらの「ザ・銭湯」の風景が。そんな国分湯の自慢は「スペースの広い浴場」。でもただ広いというのでなく、タイルや湯桶など全体の色のバランスがなんとも絶妙。窓から昼光のさしこむ空間には、別世界といった美しさがあります。じつはこの国分湯、正月の元旦のみ朝風呂を営業しているそう。朝7時にオープンすると、まだ仄暗い浴場に徐々に日の出の光が・・・一年に一度のその瞬間を楽しみにしている常連さんも多いのだとか。

国分湯

津市南中央26-5
  059-227-7816
  16:00〜22:30
月曜定休
P有り(20台)