「なるい」お湯、「なるい」場所。

住宅街の通りすがり、思わず二度見してしまうような巨大なソーラーパネルが目印。そんな「春日温泉」の自慢は、太陽熱であたためた「なるい」お湯です。「なるい」という方言の意味をたずねると、なんとも表現しにくいと、困った顔の女将さん。女性ひとりで苦労の多い日々の仕事。常連さんが一輪車に薪をつんだり、暖簾を出すのを手伝ってくれる。中学生の頃から通ってくれていた子供たちが、成長してこの町をはなれても「ここは俺のふるさとや」と言って、最近は子供を連れてきてくれる・・・そんな優しく柔らかなエピソードの一つ一つが、きっと何よりも雄弁に、「なるい」の意味を語っているのだと思います。

春日温泉

松阪市春日町3-80
  0598-21-0568
  15:30〜22:30
水曜定休
P有り(8台)