きっと赤福にも負けない、伊勢名物。
「霊泉湯」という小宇宙。

伊勢の夜に浮かび上がるネオンサイン。銭湯ライターによる書籍でも知られる「霊泉湯」のシンボルです。屋号の由来は、地下から汲みあげる無菌深層水。浴場に入ると、めくるめくタイルの織りなす、ファンタジックな世界に魅了されます。かつての問屋街の風景を残したいと、地元のまちなみ保存会の活動にも関わるご主人。浴場空間と調和をとるようにきれいに積み上げられた桶やイスには、そんなご主人の美意識が表れているようです。その土地の水、店主の個性、地域の色。それらが一体となった「作品」のような銭湯。だからこそ霊泉湯は、訪れる人の記憶にいつまでも残るのでしょうか。

霊泉湯

霊泉湯

霊泉湯

霊泉湯

パステルカラーの浴場は、ファンタジーの世界みたいです。

霊泉湯

霊泉の名のとおり地下水を使用。きれいに積まれたイスと湯桶は、見ていて気 持ちがよいです。

霊泉湯

霊泉湯

河崎の問屋まちなみ保存会にも関わっているご主人。夫婦ふたりでこの銭湯を切り盛りしているそう。

霊泉湯

霊泉湯

霊泉湯

伊勢市河崎1-7-2
  0596-28-8934
  15:00〜24:00
金曜定休
P有り(5台)

ホームへ
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle

  © 三重県公衆浴場業生活衛生同業組合

霊泉湯

パステルカラーの浴場は、ファンタジーの世界みたいです。